事業紹介

神和アルミ工業株式会社 事業内容のご案内

1.販売・加工事業

アルミ合金を主体に、お客様のご要望に合わせて素材の切板販売を行っています。栃木近隣県を中心にアルミ板、更に要望に応じて機械加工(切断、粗加工、研磨など)も行います。特に任意の形状に切断できるウォータージェット(WJ:2機保有)は歩留の良い粗加工となり、お勧めです。アルミ合金では、押出し型材の販売も行っており、その他ステンレス、鋼板等も扱っています。

2.機械加工事業

液晶・半導体装置を主体に、車両・船舶用部品、航空機部品などの機械加工を行っています。液晶装置では世界最大級の加工実績を有すると共に、大中小のマシニングセンターを有して、お客様のニーズに応えています。昨年から、最新鋭の5軸加工機(2台)を始めとして、各種マシニングセンターを新規導入し、仕上げ加工分野の強化も図っています。

3.切断加工事業

アルミの大型鋳塊(Max 620㎜)から薄板(Min 0.1㎜)までの切断を行っています。その後の用途は車両・船舶用、液晶・半導体装置用、航空機部品用、自動車パネル用、回路基盤用など幅広い用途に使われます。その中で、当社は最新鋭のWJ(2台)を有してアルミ合金、チタン合金を任意の形状に切断し、生産性(歩留)向上に寄与しています。なお、チタン合金は航空機部品になります。

4.ヒートシンク加工事業

自動車部品として実用化を進めているヒートシンク(HS)は、HV、EVに必要な電子制御の高度化(半導体の冷却)に貢献します。その他、軽量化に繋がるアルミ部品の試作も承っています。

5.自動車用アルミパネルの切断事業

自動車パネル材については、自動車メーカ(国内外)のニーズに合わせて、種々形状のシート材に切断し出荷しています。㈱神戸製鋼所殿からの外注委託で、車体軽量化に貢献しています。