機械加工事業

お客様のニーズに合わせて、3次元CAD/CAM、加工シミュレーションを行い、機械加工の最適プログラムを作成します。それが当社の生産技術グループです。使用するソフトについては設備紹介をご覧下さい。

プログラム作成

 機械加工事業

液晶・半導体製造装置を主体に、車両・船舶用部品、航空機部品などの機械加工を行っています。液晶製造装置では世界最大級の加工実績を有すると共に、大中小のマシニングセンターを有して、お客様のニーズに応えています。昨年から、最新鋭の5軸加工機(2台)を始めとして、各種マシニングセンターを新規導入し、仕上げ加工分野の強化も図っています。

 

<大型アルミ材の切断、大型マシニング加工の様子>

アルミの厚板、鋳塊(Max厚620㎜)は必要な大きさに切断されます。その切断材は、大型マシニングセンターにて機械加工されて部品(液晶半導体装置用)になるもの、また熱間鍛造された後、機械加工されて部品(船舶車両用)になるものがあります。

004IMG_1166

大型丸鋸切断機                       大型マシニングセンター

 

<中型マシニングセンター、小型マシニングセンター、横型マシニングセンター、ガンドリル>

製品サイズに応じて、大中小のマシニングセンターが使い分けされます。中型マシニングセンターでは航空機部材を主体にして切削加工(粗加工、仕上げ加工)を行っています。横型マシニングセンターでは切削ダライの除去(自然落下)が容易であり、深穴加工を得意としています。また、ガンドリルについては大小2機を有し、製品サイズに合わせて水冷孔を付与しています。
IMG_5560 小型加工機

中型マシニングセンター                   小型マシニングセンター

 

IMG_1048小型ガンドリル

横型マシニングセンター                  小型ガンドリル

 

<加工品例、加工時の様子>

IMG_5476IMG_0331

 

<溶接加工品:溶接構造品の製作>

IMG_5481 IMG_0111